◎リングのデザインと素材

リングを選ぶときに気になるのは、やっぱりデザイン。
ここでは、リングの主なデザインの種類を紹介します。

<婚約指輪>
石と枠の組み合わせによって、表情やイメージは大きく変わります。

婚約指輪 ロイヤルアッシャーダイアモンド

●ソリティア
根強い人気を誇る一粒石のリング

宝石を1粒だけ留めたタイプ。ソリテール、ひとつ石などとも呼ばれる。時代や世代を問わず定番のデザイン。

婚約指輪 ロイヤルアッシャーダイアモンド

●メレ
メインの石を小粒のダイアが引き立てる

0.02ct前後の小さなダイアをメレと呼びます。メインの石の引き立て役として使われることが多く、色つきのメレも可愛い。

 

婚約指輪 ロイヤルアッシャーダイアモンド

●パヴェ
メレを敷き詰めて豪華さをプラス

小粒のダイアを敷き詰めたリングのこと。中央に石がなく、メレだけのタイプも人気。

 

 

<結婚指輪>
ふたりで着けるものだから、彼にも合うデザインを探しましょう。

 

結婚指輪トモミ

●ダイア入り
毎日つけるものだからこそ、高級感のあるものを

普段身に着けるからこそ、ダイア入りで高級感&存在感を主張。彼は同デザインでダイアなしというチョイスでもOK。

 

結婚指輪プチマリエ

●彫り物系
品よくカジュアルで、最近人気が上昇

ハワイアンなどの人気がブームとなり、脚光を浴びているこのタイプ。シンプルな線掘りや、職人による手彫りなどもあります。カジュアルな服にもぴったり。

結婚指輪 トモミ

●ほっそり系
飽きがこない、シンプル好きに◎

細くシャープなフォルムのシンプルなタイプなら、シーンを選ばずつけられます。男性にも人気が高いのがこのタイプ。

 

結婚指輪プチマリエ

●モチーフ系
幸せのおまじないを指輪の内側に刻印

薔薇やハートのモチーフを指輪の内側に刻印した指輪は、二人のお守り。

●ボリューム系
印象はマニッシュ。男性の指輪にも合う

一般に男性は指が大きいので、このタイプは似合いやすい。また、キャリア派の女性にも人気の傾向に。

結婚指輪プルーヴ

●ウェーブ・系
柔らかな曲線が、指元をやさしく

ファッション性の高いデザインも女性のみならず男性にも人気。女性用の形そのままに石なしタイプなどで、ペアリング感覚で揃えるのも◎

 

 

 

 

 

 

 

 
 

デザインはもちろん、素材をどうするかも大切。

◎リング素材について

 

●プラチナ
ダイアが引き立ち、結婚指輪の主流

婚約指輪 ロイヤルアッシャーダイアモンド

白色の金属で、白金とも呼ばれ、Ptと表記。
婚約指輪と結婚指輪ともに日本人には人気が高い。
Pt900は純度90%という意味です。

 

●ゴールド
日本人の肌に合い、最近人気も上昇

結婚指輪 トモミ
オークル系の日本人の肌に似合いやすいのがゴールド。
欧米では誓いに用いられるリングは、ゴールドの方が主流だそうです。
24金は純度100%、18金は純度75%になります。

 

●コンビ
コーディネートしやすいのが魅力

結婚指輪 トモミ

プラチナ&ゴールド、マット&光沢など、異なる素材を組み合わせたデザインをコンビと呼びます。他のジュエリーとコーディネートしやすく、個性も主張できる。

 

●その他のゴールド
ほんのり色づいたピンクや黄色の金

結婚指輪プルーヴ

18金は混ぜる金属の種類や割金を変えることで、ピンクや黄色、白などさまざまな色を作ることができます。ファッションの一部として選んでみてもいいですね。